• HOME
  • レスベラトロールって何?

レスベラトロールって何?

レスベラトロールは赤ぶどうの果皮や赤ワイン、さらにピーナッツやイタドリと呼ばれる食べると酸っぱいタデ科の多年生植物にも含まれ抽出される、ポリフェノールの一種で、天然の抗酸化物質です。ポリフェノール自体、健康に良いと注目を浴びましたね。
この、レスベラトロール、実は日本人により、発見・命名されているんですよ。1939年北海道帝国大学の高岡道夫という人によりバイケイソウというものから発見されています。結構、最近発見された成分なんですね。2011年6月に放送されたNHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる」で紹介され、一躍有名になり脚光を浴びました。

様々な動物実験での研究や、また人間での試験における結果から、このポリフェノールの一種である、天然の抗酸化物質レスベラトロールを摂取することで、体を健康的に若々しく保ち、老化を遅らせることができると言われています。

また、レスベラトロールは先に説明したように、赤ワインに含まれていることが知られているのですが、いわゆる「フレンチパラドックス」(フランス人が喫煙率が高く、肉や乳製品といった飽和脂肪酸が多く含まれる食事をしているのにもかかわらず、心臓病など、関連する病気にかかることが比較的低いこと)とも、関連性を言われています。

なぜ、レスベラトロールが長寿や老化といった部分で効果があると注目されているのでしょうか。
レスベラトロールを知る上で、またその効果を正しく理解するためにも、その関係性が切っても切り離せない長寿遺伝子(サーチュイン)について次にご紹介します。

長寿遺伝子(サーチュイン)について