• HOME
  • 長寿遺伝子(サーチュイン)について

長寿遺伝子(サーチュイン)について

レスベラトロールを知る上で、まず抑えておきたいのが「長寿遺伝子(サーチュイン)」です。
この遺伝子の仕組みや働きを知り、レスベラトロールの効果を最大限に発揮できるようにしましょう!

長寿遺伝子、または抗老化遺伝子と呼ばれているサーチュインは、1999年にマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテのグループが発見しており、飢餓やカロリー制限の時に活性化し、 人間だけでなく、ほとんどの生命体が持っていると言われている遺伝子です。ただし、普段は眠っている遺伝子です。
先に説明したように、飢餓やカロリー制限といった、生命体にとっては「危機」状態になった時に初めて、活性化するのです。

この長寿遺伝子(サーチュイン)が活性化する「ON」状態になると、細胞が休眠、つまり修復状態に入ると言われています。
つまり、細胞を傷つけるストレス状態から、安定した状態になるのです。この安定状態=長寿と考え、近年では、50代でも、とても若く見えると話題の医師の書籍などでも、この長寿遺伝子(サーチュイン)は紹介されており、この医師自身も「空腹が人を健康にする」と、食事制限をすることで若さや健康を保っていると豪語しています。
彼だけでなく、この長寿遺伝子(サーチュイン)について度々注目され、主にダイエット関連などで、たくさんの書籍や提言がされています。

この長寿遺伝子(サーチュイン)ですが、飢餓やカロリー制限時だけでなく、実はなんとレスベラトロールを摂取した時も、活性化されると言われています。これは様々な実験で立証されており、レスベラトロールは大変注目を浴びることとなったのです。

レスベラトロールの効果